音楽のサブスクはもったいない?5つのチェックで元が取れるか簡単確認!!

サブスク

好きな場所、好きな時間、すぐに音楽を楽しむことができる音楽のサブスク。

10年前は自分が聞きたい音楽を手にするには、CDを購入するかレンタルショップで借りてきてパソコンに落とす。この方法しかありませんでした。

この当時と比較すると音楽の楽しみ方はとても便利になったな~と思います。しかし『音楽サブスクはもったいない!!』といった意見も少なからずあります。

そもそも音楽のサブスクは本当にもったいないのでしょうか?今回は簡単な5つのチェックであなたが音楽サブスクを使うのに向いているか確認できるようにしてみました。

この記事はこんな方におすすめです。

    • 音楽のサブスクがもったいないワケを知りたい
    • 自分が音楽サブスクを使うのに向いているかわからない
    • 音楽サブスクの長所と短所を知りたい

音楽サブスクがもったいないといわれる理由(デメリット)

便利なサービスですが『もったいない』といわれるのは以下の点(デメリット)があることが原因だと考えられます。

  • 解約した場合ダウンロードした音楽が聴けなくなる
  • 聴きたい音楽がない場合がある
  • スマホの容量を圧迫する

解約した場合ダウンロードした音楽が聴けなくなる

確かに解約した後にダウンロードした音楽が聴けなくなってしまうのは私も『もったいない』と思います。

今まで払ってきた金額で好きなアーティストのCDを買った方がよっぽど得な気もします。

しかし音楽サブスクにはそれ以上のメリットがあるのも事実です。

聴きたい音楽がない場合がある

これも納得できる理由です。しかしサブスクでは一カ月間無料などお試し期間があります。一度お試しをすることで事前に確認することができます。

アーティストによってサブスクを解禁していない方もいます(中島みゆきさん、山下達郎さん、CHAGE and ASKAさん等)また、サブスクを解禁しているものの全曲を公開していないアーティストもいます。

最近はサブスクを解禁をする傾向にありますが、山下達郎さんなどは一生サブスクを解禁しないと宣言されています。

確認したけどヘビーローテーションで聴きたい音楽がない場合は契約するメリットは少ないです。

曲をダウンロードするとスマホの容量を圧迫する

筆者はAmazonミュージックでアルバムを50枚程ダウンロードしていますが、15GBくらいの容量を使っています。もしスマホが容量の少ない機種を使っているようでしたらここにも気をつけたいですね。

私のiPhoneの容量は64GBと少ないですが、不自由なく使えているので同じような容量のスマホをご利用の方は参考にしていただければと思います。

音楽サブスクが合っているかのチェックリスト

  1. 月に5曲以上は新しい音楽を聴く
  2. 音楽はいろんなジャンル、アーティストを幅広く聴きたい
  3. 流行りの新しい曲を聴きたい
  4. CDやDVDのコレクションに興味がない
  5. CDやDVDを置く収納スペースを活用したい

当てはまる項目が多いほど音楽サブスクに向いています。特にチェックリストの1、に当てはまる方は、音楽サブスクに向いています。(音楽サブスクの方がコスパが良い

音楽サブスクで元が取れる損益分岐点

では、どれくらい音楽を聴く方がお得になるのでしょう?

音楽サブスクと【ネットで曲を購入した場合、レンタルショップでCDを借りた場合】と比較するとこんな感じになります。

ネットで曲を購入した場合と比較した損益分岐点

ほとんどのサブスクは一か月980円で利用することができます。

そしてネットで音楽を購入する場合200円~270円くらいかかります。1曲あたり200円で換算すると5曲以上新しい曲を購入する人はサブスクの方がお得になりますね。

サブスクネット購入
1曲 

 

 

何曲でも980円




200円
2曲400円
3曲600円
4曲800円

これ以上はサブスクがお得!!

5曲1000円

※サブスクの場合(Amazon Music Unlimited)では7,500万曲聞くことができます。

レンタルショップでCDを借りた場合と比較した損益分岐点

レンタルショップ(TSUTAYA)では新作アルバムを310円で1週間レンタルすることができます。一か月に3枚以上レンタルする人はサブスクの方がお得になります。

サブスクアルバムレンタル料金
1枚 

 

 

何曲でも980円




 

 

 

310円
2枚620円
3枚930円

これ以上はサブスクがお得!!

4枚1,240円

 

レンタルする場合は

  • 返却しにいく手間がかかる
  • レンタル期限を過ぎた場合は延滞料金がかかる

といった注意が必要です。

私がレンタルを利用していた頃は、レンタル期限を忘れて延滞料金をよく支払っていました。今となっては懐かしい思い出・・・・・いやいやもったいないだけ!!

過去に戻れるなら自分のルーズさを戒めてあげたい。

音楽サブスクのメリット

音楽サブスクのメリットは何といっても音楽を手軽に楽しめるところになります。

  • 最新の曲を聴ける
  • 自分が知らない曲や違うジャンルに出会うことができる
  • 曲を聴くのに手間がかからない
  • 聞きたいと思ったらその場で聴ける
  • 急なリクエストにも対応できる

私はスマホとカーナビをつないで車で音楽を聴けるようにしています。

家族と出かけた際は子供から『ドラえもんの曲が聴きたい!』『SPY×FAMILYの曲が聴きたい!』などいろいろなリクエストが飛んできます。

サブスクならそんなリクエストにもすぐに応えることが出来るので便利ですよ。また一度かけた曲はダウンロードも同時にしておくと無駄に通信量を使うこともありません。

ちなみに1曲の通信量は標準音質で4MB 最高音質で12MB。

これは1GBの通信容量で250〜83曲くらいを聴くことができます。

筆者の使い方

筆者の使い方は自分の好きな曲を繰り返し聴く事が多いですが、家族の要望やテレビなどで気になった曲がちょくちょくでてきます。音楽サブスクはそんな時に活躍してくれます。

また、

  • やる気を出したい!
  • リラックスしたい!
  • 冬の曲を聴きたい!
  • ドライブする曲を聴きたい!

こんなときも気分やシーンで検索して聴くことができるので便利です。

お試しするのにおすすめな音楽サブスク

音楽サブスクはサービスを無料で体験できる期間があります。これを使えば自分が聴きたい曲があるか確認することができます。期間内に解約すれば課金もないので安心ですね。

私も一通り無料サービスを試してきたのでおすすめできる音楽サブスクをのせておきますね。

無料期間曲数
Amazon Music Unlimited30日7,500万曲以上
Apple Music1ヶ月9,000万曲以上
YouTube music1ヶ月8,000万曲
AWA1ヶ月1億曲
Spotify3ヶ月5,000万曲

楽しむことができる曲数はAWAが一番多くなっていますが、サブスクは聴きたい楽曲が有るかが一番重要です。まずは上から順に試してみてください。

全てのサブスクの無料期間を使うだけでも6ヶ月以上かかるので半年は無料でサブスクを使えることになります。

無料で使うならYouTubeでもいい?

無料で音楽を楽しむのであればYouTubeでも良いのでは?と頭に浮かびますが、

YouTubeは

  • バックグラウンドでの再生ができない(常にYouTubeを画面に表示する必要がある)
  • 音楽の再生中に広告が入る

といった難点があります。無料は大きな魅力ですが音楽を楽しむには限界があります。

この2つのデメリットを気にしない方は一番よい方法かもしれませんが、筆者はあまりおすすめしない方法です。

音楽サブスクで無駄遣いしないために

先ほどサブスクの無料期間の利用案内をしたのですが、音楽サブスクは無料期間内に解約をしておかないと無料期間が終了すると自動で課金が始まってしまいます。

必ずカレンダーアプリのリマインダーなどを活用して課金が開始される前に解約をするようにしてくださいね。

まとめ

同じ音楽を長く楽しむ人、サブスクに聴きたいアーティストの楽曲がないといった方はサブスクに向いていないので契約してしまうともったいないことになってしまいます。

しかしそれ以外の方は、安い定額料金で最新曲から懐かしい曲まで豊富に楽しむことができるのでおすすめしたいサービスです。

もしあなたがサブスクを使うか迷っているのであれば無料で体験できるお試し期間を使ってみてください。新しい音楽と出会う事ができますよ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。この記事が少しでもみなさんのお役に立てればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました